インフォメーション
茨城県で主に使う調査機材

茨城県での浮気調査で主に使われる調査機材

茨城県での浮気調査で主に使われる調査機材
当社が茨城県内で浮気調査を行う際、その時間帯、ターゲットの行動パターン、移動手段などで調査のやり方は全く異なってきます。特に中でも用途に応じてカメラを使い分けることは探偵業務においても大切な技術の一つです。調査ご依頼、ご相談など、ディスカッションを行っている時点でどういったカメラを使用するかが明確になっているのが当社のスタッフです。カメラを利用した証拠映像の提出は、浮気の証拠としての絶大な効果を発揮します。今回は、当社がどのようなカメラを利用しているか、一部をご紹介致します。

ビデオカメラを使った調査

ビデオカメラを使った調査
まさに、「動かぬ証拠」と言うべきでしょう。行動そのものをリアルに記憶に残せる媒体です。ラブホテルへ行く瞬間、誰も居ない公園や社内で不貞を犯してしまう浮気カップルも居ます。内容によっては、ご依頼者様の方から「もう見たくない」と途中でテープを止められる方もいらっしゃいますが、それほど絶対的な証拠になるのです。大抵の調査で、このビデオカメラを利用した動画撮影に臨みます。

一眼レフカメラを使った調査

一眼レフカメラを使った調査
被写体を綺麗に、鮮明に、そして何より望遠撮影が出来るのが一眼レフカメラのメリットです。例えばターゲットがカフェなどで落ち合っている際、同じ店内から撮影していれば怪しまれることは間違いありません。しかし、一眼レフカメラを使用することで、遠方で、しかもガラス越しのような状況でも鮮明に被写体を映し出すことが出来、特に日中の撮影には効果を発揮します。

暗視カメラを使った調査

暗視カメラを使った調査
男女の不貞、ラブホテルの出入りが行われる時間帯は大抵が夜間。しかし、幾ら高性能の一眼レフやビデオカメラでも、暗所の撮影では困難な事があります。そんな状況で、暗視カメラは効果を発揮してくれます。特に夜間のラブホテルを出入りする際は、大抵暗視カメラが使われます。ラブホテルの出入りは、数ある浮気の証拠の中でも一番揺るぎない証拠で、茨城県内の浮気調査でも暗視カメラは大活躍しています。

車載カメラを使った調査

車載カメラを使った調査
車でターゲットを追跡する際に利用されるのが車載カメラです。車社会である茨城県は田園や山間部なども多く、関東圏の調査の中でも追跡、尾行調査は頻繁に行われます。上記3つのカメラとともに、頻繁に使われるカメラのひとつです。

全てはご依頼者様のニーズにお応えする為

全てはご依頼者様のニーズにお応えする為
これらの機材を併用しながら、常に細心の機材の情報には耳を傾け、今利用しているカメラよりも良質なもの、より効率的なものがあれば、どんどん取り入れて行きます。経費削減に成功し、調査の低価格を売りにしている当社ですが、こういった面の出費を惜しむことはありません。また、メンテナンスにも細心の注意を払っております。全てはご依頼者様のニーズにお応えし、確実な情報を掴むためです。

オフィシャルサイト

  • オフィシャルサイト

茨城の探偵・浮気調査のご相談・お問い合わせはこちら

  • 茨城の探偵・浮気調査のご相談・お問い合わせはこちら